リースの仕組み

リースとは

お客様にかわってリース会社が設備や機器を購入し、賃貸するシステムです。 毎月一定のリース料で「所有」にともなう減価償却や固定資産税納付、損害保険の支払いなどの事務処理が省けます。

リースのメリット

1) リースなら!手持ち資金を効率的に活用出来ます。

月々わずかなリース料で必要な設備が導入でき、一度に多額の資金がかかりません。従って、残りの手持ち資金は、運転資金などに効率的に活用できます。

2) リースなら!全額を経費として処理出来ます。

月々のリース料は税法上、全額を会社の経費として損金処理できます。

3) リースなら!最新の機械・設備が利用出来ます。

リースなら、法定耐用年数と比較して短くリース期間が設定でき、設備の陳腐化に対応できます。従って、急速な技術革新が行われる機械・設備はリース活用が有効です。また、リース期間中の物件でも中途で新機種への更改が可能です。

4) リースなら!事務の合理化・省力化が図れます。

リース物件の所有権はリース会社にあります。従って、所有に伴う煩雑な事務処理はリース会社が行いますので、お客様は手間がかかりません。

5) リースなら!コストが一定で正確に把握出来ます。

リース料は毎月一定で支払い金額が変わることがなく、コストの把握が容易です。従って、事業の設備投資計画や資金計画などが立てやすくなります。

6) リースなら!銀行からの借入枠が温存出来ます。

リースは、長期資金の調達と同じ効果を持っています。しかし、「借り入れ」ではありませんから、銀行の借入枠は手つかずで残すことができます。

7) リースなら!低料金での再リースも可能です。

リース期間終了後、引き続き使用される場合は低料金(1年間で年額リース料の1/10程度)で再リースができます。

8) リースなら!物件処分の処理稼動が軽減されます。

お客様が事業活動に伴い排出される廃棄物については、お客様の責任で「産業廃棄物処理法」に沿って適正に処理をしなければなりません。違法に処理した場合は、罰則が課せられることとなっております。リース物件の場合、リース会社が廃棄物の処理を行いますので、お客様に物件処分の事務処理は発生しません。

タイプ:

メーカー:

コピー速度:

用紙サイズ:

複合機能(標準装備):
  
  

コピー機QA リースとは 会社 サポート